免役力 田中朋秋のブログ

免役力を高めるためのリンパの重要な働き

投稿日:

コロナのパンデミックが世界中を駆け巡り、この数か月の間で私たちの生活は急激に変化しました。コロナウイルスに対するワクチンや特効薬がない状況が私たちの心の中の恐怖や不安を必要以上に増幅させました。そんな中、自分の身体を守ってくれるのが「免疫力」です。

ご存知でしたか?

免役機能に深く関わっているのが【リンパシステム】です。

リンパの2つの働き

そもそもリンパとはいったい何なんでしょうか?

【リンパ】とは、リンパ管、リンパ節、リンパ液の総称です。

リンパ管は血管に沿うようにして私たちの身体を網の目のように張り巡らされています。そのリンパ管の先に関所のような所がリンパ節で、リンパ管の中を流れているのがリンパ液です。

血管は上水道、リンパは下水道のような働きだとイメージしてると分かりやすいでしょう。

私たちの身体に網の目のように張り巡らされているリンパ

リンパには大きな2つの役割があります。

1 身体の中の余分な水分や老廃物を集めて静脈に戻す働き

2 免疫機能

リンパの免疫機能

2番目の免疫機能についてもう少し詳しく説明しますね。

全身に張り巡らされているリンパ管の先にあるリンパ節は関所のような役割です。私たちの体内に入り込んだ菌やウイルスはリンパ管が吸収し、そしてその先のリンパ節まで運びます。

リンパ節の中には、「リンパ球(免疫細胞)」という菌やウイルスを撃退する細胞が常に待機しています。このリンパ球が侵入してきた菌やウイルスを殺してしまいます。さらに、リンパ節で作られる「マクロファジー」が菌やウイルスの死骸を食べてしまうのです。

子供の頃、風邪をひいて耳の下にあるリンパ節が腫れて痛くなった経験はありませんか?免疫力の弱い子供の頃は細菌の力が強くなると、リンパ節でリンパ球をいっぱい作り出すためにパンパンになって腫れあがるのです。まさに、リンパ節で細菌を食い止めるために戦っている時なのです。

免役力はリンパ節でつくられるリンパ球に働きによる

なので、リンパのシステムがしっかり機能していないと私たちの体の免疫機能も弱ってくるということです。

免役力をアップするにはリンパケアがとても重要な役割をはたしてくれます。

The following two tabs change content below.
田中朋秋
1957年9月24日、大阪で生まれる。大阪府立夕陽丘高校を経て関西学院大学商学へ。卒業後、カネボウ(株)へ入社。25歳の時結婚を機に退職。その後インテリアの勉強をはじめ、長男が二カ月より仕事を開始。30歳からインテリアコーディネーターとして活動。35歳に長女を出産。働くお母さんとして、子育てをしながら仕事を続けるも、43歳の時に体調を崩し仕事を中断。色々な病院に通いつつも体調不良の原因は分からず。そんな時期に友人の紹介で出会ったのが、師匠のサロン。そのサロンでオイルリンパマッサージを受け続けることにより体調不良が回復。自分のような辛い体験をしている女性の役に立ちたいと、師匠の技術を学び、2009年兵庫県西宮でサロンを開業。以後女性のキレイと元気の応援団として延べ10000万人以上の女性の施術を行う。2017年有機ブルガリアローズを使ったハイクオリティースキンケア、「エナジローズ」を企画販売。本物のローズの香りと効能で世界中の女性を美しく幸せにするを使命とし、海外を中心に活動している。

-免役力, 田中朋秋のブログ

Copyright© 田中朋秋の温熱リンパマッサージサロン(神戸西宮) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.