ブログ 老化について

猛暑はあなたの身体を老化させる!

投稿日:

*猛暑はあなたの身体を老化させる!

今年の夏の異常猛暑はほんとうにきつかったですね。(⌒-⌒; )

人の体温より高い35℃や36℃の炎天下の中にいると身体の中の血液が沸騰しそうな気分になりました。(笑)

しかし、猛暑の影響はそれだけではありません。

信じたくないことなのですが、猛暑は私たちの身体の老化を加速します。

なんで?

何故なら猛暑は深刻な身体の「夏冷え」を引き起こすからです。

人の自律神経が対応できる温度差は7℃までと言われています。

なので、35℃以上の炎天下とエアコンのガンガン効いた20℃台の室内の生活を繰り返す猛暑は人の自律神経の働きを

鈍らせてしまいます。

自律神経は私たちの体温を調整するという役割を担っているので、

上手く働かなくなると体温調整できず身体が冷えてしまうのです。

また、暑さが厳しいとついつい、冷たいものを口にする機会が多く、

お風呂も湯船に浸からずシャワーで済ませることも。

冷えた身体からは活性酸素が多く生産されます!

血液には酸素、栄養素、熱エネルギーなどを全身の細胞に運び、同時に細胞から二酸化炭素や老廃物を回収する役割があります。

しかし身体が冷えると血液もリンパ液の流れも滞ります。

また、必要なものが十分に届けられないと排出されるべき老廃物が体内に溜まっていくことになり、体内は酸化状態に。

その結果、活性酸素が増え老化にもつながりやすくなるのです。

「夏冷え」は秋の体調にも非常に影響を与えます。

「夏の冷え」を予防するには、身体を温めてください。

そして、温かいものを口にするようにしてくださいね。

腹巻、靴下も大切です。

私は、出張することが多いのですが、

ホテルで寝る時に腹巻とカイロを必ず持参しています。(笑)なぜなら、年齢を重ねるとどんどん体温調整が苦手になってくるからです。(苦笑)                     温活は若さを保つ秘訣です!しっかり身体を温めて、いつまでも美しく健やかなあなたでいてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
田中朋秋
1957年9月24日、大阪で生まれる。大阪府立夕陽丘高校を経て関西学院大学商学へ。卒業後、カネボウ(株)へ入社。25歳の時結婚を機に退職。その後インテリアの勉強をはじめ、長男が二カ月より仕事を開始。30歳からインテリアコーディネーターとして活動。35歳に長女を出産。働くお母さんとして、子育てをしながら仕事を続けるも、43歳の時に体調を崩し仕事を中断。色々な病院に通いつつも体調不良の原因は分からず。そんな時期に友人の紹介で出会ったのが、師匠のサロン。そのサロンでオイルリンパマッサージを受け続けることにより体調不良が回復。自分のような辛い体験をしている女性の役に立ちたいと、師匠の技術を学び、2009年兵庫県西宮でサロンを開業。以後女性のキレイと元気の応援団として延べ10000万人以上の女性の施術を行う。2017年有機ブルガリアローズを使ったハイクオリティースキンケア、「エナジローズ」を企画販売。本物のローズの香りと効能で世界中の女性を美しく幸せにするを使命とし、海外を中心に活動している。

-ブログ, 老化について

Copyright© 田中朋秋の活性リンパマッサージサロン(大阪梅田・神戸西宮) , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.