ブログ サロンのこと

ボディラボプラスのサロンはお花がいっぱいです♪

更新日:

お客様がサロンにいらっしゃる時に、なにでお出迎えできるのか・・・私だったら何が嬉しいかな〜?そう考えた時、可愛いお花や生き生きした植物を欠かさないサロンを心がけました。

2階の踊り場でお出迎えです

2階の踊り場でお出迎えです

こんにちは、活性リンパマッサージサロン「ボディラボプラス」の田中朋秋(ほうしゅう)です。うちのサロン(西宮北口本店)は3階建てのビルの3階にあります。エレベーターがないので3階まで階段を登ってきていただかなければなりません。少しでも楽しく階段を登ってもらうためには開業当時から階段の踊り場にお花を置くようになりました。

三階へ上がる階段の踊り場で

三階へ上がる階段の踊り場で

水やりや植え替えなど、施術をしながらのお花の手入れは手間がかからないわけではありませんが、『フラワーセラピー」というものもあるようにお花の手入れをすることで私たちスタッフ自身が癒されている感じです。

三階の踊り場はたくさんのお花があります

三階の踊り場はたくさんのお花があります

サロンのお花
サロンの中から見たアプローチ

サロンの施術の仕事も同じなんだな〜と思います。お客様に元気になっていただくためにリンパマッサージをさせていただくのですが、お客様が喜んでくださるお顔を拝見して私たちも嬉しくて満たされた気持ちになります。

考えてみると、仕事とは本来とてもシンプルで、誰かを幸せにすることで自分が幸せになるということ。つまり、誰かを幸せにするためには何が必要かを考えればうまくいくということですね。

 

The following two tabs change content below.
田中朋秋
1957年9月24日、大阪で生まれる。大阪府立夕陽丘高校を経て関西学院大学商学へ。卒業後、カネボウ(株)へ入社。25歳の時結婚を機に退職。その後インテリアの勉強をはじめ、長男が二カ月より仕事を開始。30歳からインテリアコーディネーターとして活動。35歳に長女を出産。働くお母さんとして、子育てをしながら仕事を続けるも、43歳の時に体調を崩し仕事を中断。色々な病院に通いつつも体調不良の原因は分からず。そんな時期に友人の紹介で出会ったのが、師匠のサロン。そのサロンでオイルリンパマッサージを受け続けることにより体調不良が回復。自分のような辛い体験をしている女性の役に立ちたいと、師匠の技術を学び、2009年兵庫県西宮でサロンを開業。以後女性のキレイと元気の応援団として延べ10000万人以上の女性の施術を行う。2017年有機ブルガリアローズを使ったハイクオリティースキンケア、「エナジローズ」を企画販売。本物のローズの香りと効能で世界中の女性を美しく幸せにするを使命とし、海外を中心に活動している。

-ブログ, サロンのこと

Copyright© 田中朋秋の温熱リンパマッサージサロン(神戸西宮) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.