カラダの対策 ブログ

治療より予防、予防より養生

更新日:

元気でイキイキとした毎日を送りたい、というのは万人の願いですね。そのためには病気を予防するだけではなく、養生するという概念が必要なのかも知れません。「予防」と「養生」の違いをご存じですか?

こんにちは、田中朋秋(ほうしゅう)です。先日、鳥取からお友達の乾康彦さんと奥様のまりこさんがサロンに施術を受けに来てくださいました。乾さんはイヌイ薬局の社長さんであり、国際中医学相談員。中医学普及のため、日本や中国を行き来きしてお忙しくされています。

うちの施術を受けてスッキリ元気になったお二人

うちの施術を受けてスッキリ元気になったお二人

そんなお二人からたくさんのお土産をいただきました。『養麗卵』という卵、『養麗米』、そして『養麗潤』というドリンク。全てイヌイ薬局オリジナルの『養生して綺麗になる』を目的とした商品だそうです。「養生」という言葉を普段なにげに使っていますが、病気にかからないようにする「予防」とどう違うのでしょうか?

元気に綺麗になるお米

元気に綺麗になるお米「養麗米」

綺麗になるたまご

綺麗になるたまご「養麗卵」

「予防」とは病気にならないように日常生活に注意すること。そして、「養生」とは生活に留意して健康の増進を図ること、だそうです。つまり、病気にかかって生活に気をつけるのも養生だし、病気にならないように気をつけるのも養生ということです。病気がない時に養生を行えば病気にならなくてすむし、病気になってから養生を行えば病気がなおるということなんですね。

わかりやすい例でいうと、インフルエンザにかからないためにマスクをするのは予防です。一方、毎日体に良いものを心がけて食べ、その結果インフルエンザの菌に負けない抵抗力のある体が作るのが養生。つまり元気なときから養生をしていると、年齢を重ねても元気でイキイキとした生活ができるとうことですね。

サロンで活性リンパオイルマッサージの施術をうけるのも効果のある養生法ですよ〜(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://atopy-druginui.jp/blog/

The following two tabs change content below.
田中朋秋
1957年9月24日、大阪で生まれる。大阪府立夕陽丘高校を経て関西学院大学商学へ。卒業後、カネボウ(株)へ入社。25歳の時結婚を機に退職。その後インテリアの勉強をはじめ、長男が二カ月より仕事を開始。30歳からインテリアコーディネーターとして活動。35歳に長女を出産。働くお母さんとして、子育てをしながら仕事を続けるも、43歳の時に体調を崩し仕事を中断。色々な病院に通いつつも体調不良の原因は分からず。そんな時期に友人の紹介で出会ったのが、師匠のサロン。そのサロンでオイルリンパマッサージを受け続けることにより体調不良が回復。自分のような辛い体験をしている女性の役に立ちたいと、師匠の技術を学び、2009年兵庫県西宮でサロンを開業。以後女性のキレイと元気の応援団として延べ10000万人以上の女性の施術を行う。2017年有機ブルガリアローズを使ったハイクオリティースキンケア、「エナジローズ」を企画販売。本物のローズの香りと効能で世界中の女性を美しく幸せにするを使命とし、海外を中心に活動している。

-カラダの対策, ブログ

Copyright© 田中朋秋の温熱リンパマッサージサロン(神戸西宮) , 2020 AllRights Reserved Powered by STINGER.